知っていますかソフトウェアライセンス

ソフトウェアライセンスとは、ソフトウェアを利用する上で守るべきことをまとめた文章のことです。
このライセンスに違反した行為があった場合は著作権法を侵害したとみなされます。



多くの場合、ソフトウェア利用開始時に文書として表示され、そのあとに「ライセンスに同意する」という入力を行なうようになっています。



同意しなかった場合は契約不成立としてインストールされない仕組みになっています。



商用のソフトの文書のなかには、ソフトを利用可能なPCの台数・利用可能な期間・利用目的・特定の利用方法の禁止などが記載されていてます。



もちろん無償のソフトにも著作権者が決めたライセンスが存在しています。
これらの無償ソフトにはオープンソースソフトウェアという形態もあり、商用のものとは条件が違いますが、違反すれば著作権法の侵害となります。


ソフトを利用したいと思ってインストールをした時に、この文書を読まずに同意してしまう人が多いので、権利を侵害しないためにもライセンスを読む事をおすすめします。